銀行に口座を開設

株式会社設立後に銀行に口座を開設できない

株式会社設立をした後には銀行口座を開設しないと営業を続けていくのは難しいでしょう。
現金商売だけをするのなら個人の口座を利用するのも良いのですが、会社のイメージも良くありませんから、やはり開設した方が良いと考えられます。
しかし、株式会社設立の方法を間違えると、口座開設ができなくなることもありますから注意が必要です。

口座開設ができなくなるケースとしては、まず資本金の問題があります。
新会社法が施行されたことによって、資本金の規制は全くなくなりました。
以前は有限会社の場合には300万円で、株式会社の場合には1,000万円の資本金が必要だったのですが、この規制がなくなったために、極端に言えば1円の資本金しかない株式会社を設立することもできます。
お金があまりない場合に、たとえば1万円の資本金で設立する人もいるようです。
法人格だけを欲しい場合には、このような方法をとるのも良いのですが、これが原因で資銀行から信用されなくなることがありますから注意が必要です。

資本金は会社の信用度によるものだと考えられます。
ですから、あまりにも資本金が小さいと信用されなくなることもあると言うことは頭に入れておかなければなりません。
では、株式会社設立をするときの資本金はどれくらいあれば良いのでしょうか。
一つの目安は過去の有限会社の規制です。
300万円くらいあればひとまず大丈夫だと考えられます。
また、よく分からない会社とは取引しないという傾向があることも頭に入れておかなければなりません。

たとえば、事業目的が曖昧で、何をやっているのか分からないような会社なら断られる可能性は高くなります。
誰が見てもすぐに分かるような事業目的を決めておくのが良いです。
ただ、審査の基準は銀行によって異なっていて、メガバンクの場合には株式会社設立の資本金が小さくても問題がない場合もあります。
地方銀行や信用金庫なら少し審査はあまり傾向がありますから、株式会社設立後に口座開設ができないときに頼れる存在だと言えるでしょう。

実際に銀行口座がないと取引をするのは難しくなることもありますから、この点については良く把握しておかなければなりません。
とは言っても、普通の会社なら問題はありません。
変なテクニックを使って安く会社設立をしようと思ったり、裏技的な方法でコスト削減をしようと考えるとそれが裏目に出ることもありますから、ごく普通な方法で株式会社設立をするのが良いのです。

最近の投稿

Copyright© 2015 会社設立を代行する行政書士の存在 All Rights Reserved.