メリットがたくさん

株式会社設立にはメリットがたくさんあります

株式会社設立をするためにはコストもかかりますし、また株式会社設立後にもコストがかかってきます。
それにもかかわらず個人事業主から株式会社の代表取締役になる人が多いのは、やはりメリットが大きいからでしょう。
いろいろなことが挙げられますが、主なものとしては社会的な信用度と節税効果の二つがあります。

まず社会的な信用度についてです。
わかりやすく言えば個人事業主の場合には名刺に屋号までしか書くことができませんが、株式会社設立をすれば株式会社としての社名を記載することができるとともに、肩書きが代表取締役になります。
これだけでも信用度は高まると言えるでしょう。
また、株式会社設立をすれば登記を行い、登記事項については公開されることになります。
公開されてもされなくても内容は同じなのですが、取引先としては情報がきちんとある方が信用できるでしょう。

それも登記という法律による手続きによるものですから、その情報は信頼でき、信用度は高くなります。
節税効果があることも特筆すべき事です。
同じ事業をして同じだけの売り上げがあったとしても、節税ができれば最終的な利益を拡大させることができます。
仕事としては同じ事をやっているのに、節税できるだけでより多く儲けることができるのですから、そのメリットは大きいでしょう。
節税のポイントは二つあって、株式会社設立をすることによって個人事業主よりも低い税率が適用されることが一つです。
もう一つは、設立してから原則として2年間は消費税の免税業者になれることです。

たとえば、個人事業主でも売り上げが1,000万円を超えると消費税を納めなければなりません。
それが2年間は納めなくて良いのなら、魅力的ではないでしょうか。

株式会社設立をすることによるメリットはこのほかにもいろいろあります。
かつては設立するためにいろいろな基準をクリアしなければならず、そのために簡単ではありませんでした。
一例を挙げれば、資本金は1,000万円は必要だったのです。
しかし、現在ではこの規制は撤廃されていますし、一人でも設立できるように法律が改正されています。

ですから、ほぼ個人事業主と同じような規模であっても、株式会社設立をすることは可能で、それによって上記のようなメリットを得ることができます。
ですから、個人事業の規模がある程度大きくなってきて、さらに規模拡大をしようと思っているのなら、株式会社設立を検討する価値はあります。

最近の投稿

Copyright© 2015 会社設立を代行する行政書士の存在 All Rights Reserved.