資本金を増やすには

株式会社設立の資本金を増やすための現物出資

資本金は会社の信用力を高めるためには非常に重要なものだと言えるでしょう。
ですから、株式会社設立をするときには、できるだけ多くの資本金を準備するのが良いのですが、現金でそれを準備することは難しいこともあるのではないでしょうか。
たとえば数千万円の資本金があれば会社のイメージは良くなりますが、キャッシュでそろえるのは難しいでしょう。
このようなときには現物出資を利用するのは良い方法です。

株式会社設立をするときには、キャッシュで資本金をそろえることが多いようですが、不動産や自動車などの資産で出資することもできます。
これが現物出資で、資産価値のあるものがあるのなら、それを利用して資本金を大きくできます。
ただ、デメリットはありますから注意が必要です。
たとえば不動産があって、それを出資する場合を考えてみましょう。

個人として持っている不動産を株式会社設立の時に出資をすれば、名義は個人から会社へと移ります。
ですから、譲渡という形になるわけです。
そのときの金額は実勢価格になりますから、思っていたよりも安くなってしまうと言うこともあります。
逆に高い場合には売却益が発生しますから、それに課税されるケースもあります。
また、名義が換わることになりますから、会社側としては新しく不動産を取得したことになり、不動産取得税を支払わなければなりません。

名義が換われば登記も必要となりますから、この場合にもいろいろな手数料がかかると言うことも頭に入れておく必要があるでしょう。
このようなデメリットはあるものの、会社の資本金が大きくなるメリットは遙かに大きいと考えられます。
たとえば融資を受けようと思ったときには資本金の金額が重視されますから、現物であってもキャッシュであっても、株式会社設立をするときにはできるだけ資本金を大きくするべきだと言えるでしょう。

このようなことを考えれば、株式会社設立の時にキャッシュが不足している場合でも現物出資をするメリットは非常に大きいと考えられます。
不動産や自動車、あるいは電子機器などがある場合には、それらを出資することができます。
今後も会社で利用できるような機器や機材があれば、それを利用するのは良い方法だと考えられます。
もしも資産があるのであれば、できるだけ現物出資をするのが良いですから、資本金として準備できるキャッシュがない場合には是非この方法を選択して会社のイメージをアップしましょう。

最近の投稿

Copyright© 2015 会社設立を代行する行政書士の存在 All Rights Reserved.